【ウイリス・タワーズワトソン主催セミナー】 Beyond 2020 - Future of Work(仕事の未来)と今、私たちがすべきこと


~ 本セミナーは終了いたしました ~


今からそう遠くない未来において、AIやロボティクスに代表されるIT技術の革新・進化が、現在ある多くの仕事を代替し、仕事のあり方を変えるだけでなく、一人ひとりの働き方や個人と会社の関係をも変化させていくものと考えられます。

本セミナーでは、このいわば “Future of Work” について、仕事のあり方やタレントマネジメント、パフォーマンスマネジメント、そして雇用や処遇といった多様な視点で長年にわたり研究を進めている業界の第一人者として、弊社シカゴオフィスのマネージングディレクター、ラビン・ジェスササン(Ravin Jesuthasan)をスピーカーに迎え、技術革新が仕事と働き方にもたらす変化や企業にとっての可能性についてお話しいたします。

また、Future of Work という新しい世界への移行とは、現在組織にいる人材のスキル、コンピテンシー、資質を正確に把握し、仕事と人材のベストマッチングをグローバル規模で実現していくことに他なりません。 そこで、グローバル化の先進企業として評されることの多い、味の素株式会社 グローバル人事部の髙倉千春様をお招きし、グローバル・タレントマネジメントの取り組みについて、何を目指し、どのような点で苦労されているかについてご講演いただきます。

加えて弊社東京オフィスからは、昨今企業に強く求められている、足元の「働き方革命」、それを通じた生産性向上をいかにして実現するかといった観点から、日々の業務の効率性を左右する現場のマネージャー人材の重要性などについて、データとともにいくつかの視点をご紹介いたします。

本セミナーが、日々グローバルでの人材マネジメントに取り組んでおられる皆様にとって、有益な示唆をご提供できる機会になれば幸いです。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。


ウイリス・タワーズワトソン
Talent & Rewards
ディレクター
岡田 恵子





~ 本セミナーは終了いたしました~

【セミナー概要】

● 開会のご挨拶
 
 (Talent & Rewards ディレクター 森田純夫)

● 第1部 基調講演: フューチャー・オブ・ワーク
 
 (マネージング・ディレクター ラビン・ジェスササン)

● 第2部 未来志向のグローバル・タレントマネジメントへの取り組み
  (味の素株式会社 理事 グローバル人事部 次長 髙倉千春 氏)

● 第3部 「働き方改革」 とその先へ:
       生産性向上への人材マネジメントからのアプローチ

  (Talent & Rewards ディレクター 岡田恵子)

  (注)
  ※ 第1部には同時通訳が入ります。
  ※ 第1部と第2部の間に休憩を挟みます。
  ※ セミナー内容は予定であり、事情により変更になる場合がございます。
 

<< ラビン・ジェスササン プロフィール >>
「仕事や働き方、人材の未来」に関してグローバルにおける議論の方向性を導く人材として認められているリーダー。これまでに、グローバルな人材需給、発展を続けるデジタルエコノミー、人工知能の登場、仕事の変革などについて数多くの研究調査を実施。世界経済フォーラム(WEF: World Economic Forum)の共同研究 “Shaping the Future Implications of Digital Media for Society(「デジタルメディアが将来の社会に及ぼす影響」)でリーダーを務めるとともに、同フォーラムの年次総会で毎年講演を実施。CNN、ウォールストリート・ジャーナル、フィナンシャル・タイムズなどのメディアによって数多く取り上げられる。オックスフォード大学、ノースウェスタン大学、南カリフォルニア大学など世界各国の著名大学の客員講師を歴任。

世界で最も影響力のあるトップ25のコンサルタントに選出(コンサルティングマガジン誌)。近著に「The Lead Work:Employer Beyond Employment(リードワーク:雇用の概念を変える企業)」。Harvard Business Review等への寄稿多数。人事プロフェッショナルにとって最も独創的かつ価値ある論文に対して送られるウォーカー賞(Walker Award)を受賞(2014年)。
 


【お申込み方法】
本サイト右上の『WEBからのお申込みはこちらから >>』をクリックしますと、WEBお申込みフォームが開きます。必要事項をご入力の上、送信してください。

⇒ 本セミナーは終了いたしました。